紙の循環で、つぎの地域共創を。KAMIKURU(カミクル)

スクロール
ABOUT

プロジェクトについて

「KAMIKURU(カミクル)」プロジェクトは、
地域で生まれる古紙の活用について、
みんなでアイデアを共創し、
アップサイクルして地域に還元するという
「紙資源を地域で循環させる」取り組みです。

ペーパーレス化が進み、
紙の価値があらためて問われるいま。
日ごろ使っている身近な紙からはじめる新しい
チャレンジをきっかけに、
地球環境・経済・社会のあるべき姿を地域の
一人ひとりが主人公となって考え、
持続可能な未来をめざしていきます。

地域の共創 / 多様な雇用機会創出 / 環境負荷低減 / 教育機会提供による将来世代人材の育成 / SDGs達成への貢献 / 地域循環共生圏のさらなる活性化 / 使用済み用紙の回収 → PaperLab → アップサイクルによる新たな紙 → 自治体、学校、民間企業・団体

「KAMIKURU(カミクル)」プロジェクトは、
自治体をはじめ、学校や民間企業・団体などの地域の
方々が一体となって協力しあう
「紙の循環から始める地域共創プロジェクト」の愛称です。
アップサイクルによって紙が地域を
クルクル(KURUKURU)と循環することで、
人と社会によりよい未来が
やって来る(KURU)ことを目指して名づけられました。

KAMIKURUの効果

  • 01

    地域循環共生圏の
    さらなる活性化

    プロジェクトへの参加を通して、産学官民の交流や連携が活性化し、新たな取り組みが生まれる仕組みを創り出します。

  • 02

    多様な雇用機会創出

    紙循環のプロセスで新たに発生する業務により、障がい者雇用をはじめとする多様な雇用創出、職域の拡大に繋がります。さらに、アップサイクルの企画や製作に携わることで、働く人々が輝く職場が新たに生まれます。

  • 03

    教育機会提供による
    将来世代人財の育成

    SDGsが達成を目指す2030年に社会の中核を担う将来世代へ、リアルなSDGs学習の場と機会を提供します。

  • 04

    SDGs達成への貢献

    持続可能な未来を目指す「KAMIKURU」プロジェクトが関わるSDGs7つの目標項目です。

    • ゴール6:安全な水とトイレを世界中に
    • ゴール7:エネルギーをみんなに そしてクリーンに
    • ゴール8:働きがいも 経済成長も
    • ゴール9:産業と技術革新の基盤をつくろう
    • ゴール11:住み続けられるまちづくりを
    • ゴール12:つくる責任 つかう責任
    • ゴール15:陸の豊かさも守ろう
  • 05

    環境負荷低減

    地域の一人ひとりが使用済み用紙を廃棄せず、再資源化することで、環境負荷低減へ貢献します。

    • 水の消費量

      99%削減

      (注1)(注3)

    • CO2排出量

      34%削減

      (注4)

    • 木材資源節約

      100%削減

      (注2)(注5)

    <条件>
    前提:市販の用紙1tに対し、PaperLab A-8000で再生した用紙1tの環境効果を比較。
    (注1)市販の用紙の原料となる木の育成には水が消費されることを含む。
    (注2)胸高直径20cm高さ20mの植林木1本をA4用紙約13,000枚相当とし、市販の用紙は古紙パルプ比率21%とし、残り79%はバージンパルプ(全て植林木から生産)と仮定し試算。
    <市販の用紙における数値の引用元>
    (注3)東京都市大学環境学部 伊坪研究室 試算。国立研究開発法人 科学技術振興機構:「製品ライフサイクルに立脚した環境影響評価基盤の構築と社会実装によるグリーン購入の推進プロジェクト新しいウィンドウを開きます」算出値引用。流通・小売り段階のCO2 排出量、水使用量を付加。
    (注4)日本製紙連合会 2011年の公表値新しいウィンドウを開きますに廃棄物燃料分(同連合会 2016 年公表値)を加算。
    (注5)木材換算量 環境省(2008):「エコ・アクション・ポイントの二酸化炭素削減効果の算出手法例」の公表値を用いて、(公財)古紙再生促進センター発行「古紙ハンドブック 2017」記載の「印刷・情報用紙の古紙消費原単位」を考慮し当社で試算。また、条件として古紙パルプの比率を21%、バージンパルプを全て植林木から生産したと仮定した。

CASE STUDY

事例紹介

北九州市での取り組み

北九州市での取り組み

国が推進する「SDGs未来都市」に選定されている北九州市での取り組みをご紹介します。北九州市のヒューマンメディア創造センター内にエプソンのPaperLabを設置し、障がい福祉サービス事業所を運営するNPO団体「わくわーく」による使用済み用紙の回収、アップサイクル品の製作・供給を行うことで、「KAMIKURU(カミクル)」プロジェクトを実現させています。

九州ヒューマンメディア創造センター

住所

福岡県北九州市八幡東区東田1丁目5−7 (MAP)

〈プロジェクト賛同団体〉 2021年6月18日時点

  • 北九州市新しいウィンドウを開きます
  • EPSON新しいウィンドウを開きます
自治体関連:
北九州市SDGs推進室、八幡東区役所、
公益社団法人 北九州産業学術推進機構
学校:
福岡教育大学附属小倉中学校新しいウィンドウを開きます
福岡県立中間高等学校、
公立学校法人 北九州市立大学、
九州共立大学SDGsチャレンジアクション研究会
民間企業:
株式会社ソルネット新しいウィンドウを開きます、福岡ひびき信用金庫、
セイコーエプソン株式会社・北九州オフィス、
株式会社西原商事、日鉄興和不動産株式会社、
コーエー株式会社、株式会社井筒屋新しいウィンドウを開きます
運営:
株式会社エックス都市研究所新しいウィンドウを開きます
NPO法人わくわーく、エプソン販売株式会社
運営協力:
株式会社レイメイ藤井、八幡東田まちづくり連絡会
全て見る 表示を減らす
TECHNOLOGY

KAMIKURUを支える技術

PaperLab

インクジェットプリンター

  • PaperLab

    水を使わずに(注)使用済みの紙から新たな紙を生産するPaperLabは、水の消費量やCO2排出量を削減し、木材資源を一切使用しない、新しい資源サイクルで地球環境の保全に貢献します。

    (注)機器内の湿度を保つために少量の水を使用します。

    Dry Fiber Technology

    PaperLabを支えるドライファイバーテクノロジーで紙の未来を変えていきます。

  • インクジェットプリンター

    熱を使わずにインクを吐出するエプソンのインクジェットプリンターは、CO2排出抑制と省廃棄物で環境対策に、時間効率アップと生産性アップで働き方改革に貢献します。

     

    Heat-Free Technology

    熱を使わない、エプソン独自のインク吐出技術であるHeat-Free Technologyで、環境に配慮した未来をつくります。

    •  
INFORMATION

お問い合わせ

プロジェクトへの参加・見学お申込み

「KAMIKURU」事務局
(紙の循環から始める地域共創プロジェクト事務局)

取材をご希望の方(報道関係)

エプソン販売株式会社

電話:03-5919-5211(代表)